ED治療薬のバイアグラを飲んで効果が無いと感じてしまった場合

バイアグラが効かない場合

マスクをした男性がバツ印の札を掲げている画像

一般的にバイアグラはEDの治療薬として使用されますが、誤った飲み方をすると効果を実感することができません。

そのため、効果が無いと感じた時は次のようなことに思い当たることがないか考えてみることが大切です。まず、食後に服用した場合です。バイアグラは基本的に食前などの空腹時に服用する必要があります。これは空腹時に服用することによって、有効成分が血液中にしっかりと溶け込むからです。

しかし、食事をした後など、胃が満腹の状態だと、食事に含まれる油などの成分が胃や腸の膜を覆ってしまいます。そうなると有効成分が十分に体に吸収されず、結果として効果を実感できなくなってしまいます。また、飲む際に水ではなく、牛乳などの脂肪分が含まれる飲み物で飲むことも厳禁です。 これも同じように有効成分の吸収が妨げられる原因となってしまいます。薬を飲む際はもちろん、飲む直前などにも牛乳は控えたほうが無難です。また、性行為に及ぶ際は1時間ほど前に服用することが推奨されています。

そのため、こういったことを防ぐためには、服用の際は水やお茶などの清涼飲料水を使用し、食事は早めの時間に取るようにすることが大切です。

次にEDの原因が精神的なものの場合です。EDは主に加齢が原因で引き起こされることが多いですが、中には慢性的なストレスなどが原因となることがあります。しかし、こういった精神的なストレスが原因でEDが起こっている場合、バイアグラはあまり効果を発揮しないことが多いです。

なぜならバイアグラは服用することで精神的興奮を呼び起こすものではなく、勃起を長く維持する効果が期待できるものだからです。そのため、精神的ストレスが原因で性的興奮を感じなかったりなどして勃起自体をしなければ効果を実感することができないかもしれません。 しかしこの場合、一度勃起をすれば長時間持続させることも可能になるため、そういった面では効果を感じられる可能性があります。

また性行為を失敗したことによって自信が無くなり、いざという場面で勃起をすることができない場合も、一度勃起をすれば長く維持することができるため、バイアグラを服用することでEDを克服することに繋がる可能性があります。このように効果が無いと感じた時は、飲んだときの状況やEDの原因などを探ってみることが大切です。また、効果が無いと感じた時は一人で悩まず、一度病院の診察を受けてみることも悩み解決へ近づく第一歩かもしれません。